シミの対策

肌のシミは美肌を意識する女性にとって気になる存在ですよね。シミとはメラニンという色素が肌に染み付くことで現れる薄黒い斑点のことで、原因や症状によりさまざまな種類があります。

シミの原因として代表的なのが紫外線です。紫外線を浴びると細胞内で活性酸素が発生し、色素細胞であるメラノサイトが刺激を受けてメラニン色素を形成します。紫外線による肌の害を減らすために欠かせないメラニン色素ですが、その一部が肌に残ってしまうとシミとなって現れます。その他には加齢やストレス、睡眠不足、肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの乱れなどがシミの原因として考えられます。シミを作らないためには紫外線対策を強化し、生活習慣を整えることが大切だと言えるでしょう。

一般的にシミといわれているものの多くは肝斑です。肝斑とは表皮の最も下にある基底層にあるメラノサイトにより作られるメラニン色素が日焼け後に増えて、皮膚の内部に沈着してできるシミのことです。

ソバカス

メラノサイトそのものが日焼けによって変質して発生するのがソバカスで、子どもから大人まで年齢に関係なく現れます。ソバカスは紫外線を浴びるたびに数が増えたり色が濃くなったりするので注意が必要です。

高齢者の額から頬にかけて現れるシミをスポット斑といいます。スポット斑の原因は明確ではありませんが、老化による皮膚の変化が主な原因だと考えられています。